2010年03月21日

新美南吉記念館の屋外広場

新美南吉さんは「ごんぎつね」で有名な童話作家・児童文学者です。記念館の前には芝生広場や小川、遊歩道などがあり、ボール遊びや散歩をすることができます。

【インデックス「新美南吉記念館」特集!】
 http://hashiru.seesaa.net/article/150767705.html

◆新美南吉記念館
・所在地 愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1-10-1
・TEL(0569)26-4888
・開館時間 午前9時30分〜午後5時30分
・休館日 毎週月曜日
     毎月第2火曜日(祝日又は振替休日のときは開館しその翌日が休館)
     年末年始
・観覧料 210円(中学生以下無料) 団体20名以上は各160円
・駐車場 62台・身障者用4台・バス専用3台(無料)

◆新美南吉記念館ホームページ
 http://www.nankichi.gr.jp/




新美南吉記念館の屋外広場
posted by hashiru at 09:35 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知多半島_科学館・資料館など

2010年03月15日

新美南吉記念館

「ごんぎつね」で有名な童話作家・児童文学者の「新美南吉」さんの資料や作品が展示された記念館です。新美南吉さんは半田市の出身でその地に記念館が建てられています。
建物は波の形の屋根が何列にも並びそこには芝生が植えられています。その姿だけでも一見の価値があります。内部もその屋根の形のままの天井で、とてもユニークです。
展示室では、童話のビデオや童話を再現したジオラマなどがたくさんあり、新美南吉の世界を楽しむことができます。
近くには生家や養家、お墓などゆかりの地もあります。

【インデックス「新美南吉記念館」特集!】
 http://hashiru.seesaa.net/article/150767705.html

◆新美南吉記念館
・所在地 愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1-10-1
・TEL(0569)26-4888
・開館時間 午前9時30分〜午後5時30分
・休館日 毎週月曜日
     毎月第2火曜日(祝日又は振替休日のときは開館しその翌日が休館)
     年末年始
・観覧料 210円(中学生以下無料) 団体20名以上は各160円
・駐車場 62台・身障者用4台・バス専用3台(無料)

◆新美南吉記念館ホームページ
 http://www.nankichi.gr.jp/




新美南吉記念館
posted by hashiru at 00:15 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知多半島_科学館・資料館など

2010年03月14日

半田空の科学館

知多半島の半田市にある「半田空の科学館」の様子です。
入館「無料」で、地球のことや宇宙のことを見たり触ったりしながら学ぶことができます。展示室は2フロアーの別れています。プラネタリウム(有料)もありたくさんの子供たちで賑わっています。雨の日にもお勧めです。
駐車場はありますが体育館や博物館などの施設もあり満車で停めることが大変かもしれません。その場合、西のほうに3分ほど歩いたところにも駐車場があります。

◆半田空の科学館
・所在地 〒475-0928 愛知県半田市桐ヶ丘4-210
・電話番号 0569-23-7175
・開館時間 9:00〜17:00
 (ただしプラネタリウムホール・天体観測所の利用は21:30まで)
・休館日 月曜日及び毎月第2火曜日(ただし、その日が祝・休日の場合は翌日)
     年末年始:12月29日から1月3日
・プラネタリウム観覧料 小人(3歳から中学生)100円 大人210円

【展示室】
1階と2階に展示室があり、見るのはもちろん、触れる・遊ぶといった体験を通して、地球・宇宙について楽しく学んでいただけます。
【プラネタリウムホール】
直径18mのドームに240席の観客席があり、プラネタリウム投影では、満天の星空を体験していただけます。

◆半田空の科学館ホームページ
 http://www.handa-kagaku-gm.jp/




半田空の科学館
posted by hashiru at 22:06 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知多半島_科学館・資料館など
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。